くま教育センターって?

ごあいさつ

私が幼児教育に携わって約50年、現場で教えることに専心してきました。ネクタイをしめることなどめったになく、いつもトレーナー姿で気さくに子ども達とふれあい、「くま先生」と慕われ、多くの子ども達が私たちのもとへ通ってくれています。おかげさまで、現在何千人もの子ども達が、くま教育センターから巣立ってくれています。

私が子ども達を指導するにあたり、大切にしていることは4つ。

1つめは、現代の家庭で忘れられつつある「当たり前のこと」を、お子様と保護者に思い出してもらうことです。たとえば、挨拶は家庭のきずなを深める基本であり、子どもの人格形成の上でも大切なものです。また、ご家庭で、お母様方はお子様に「次は何をさせよう、さあ、その次は……」と意気込むばかりで、「子どもに何を体験させようか」という気持ちを忘れていらっしゃるように思います。

2つめは、子ども同士で共感させ合うことです。我々大人が教えられる部分は4割程度しかありません。残りの6割は子ども同士で学び合うものです。

3つめは、子どもに実際に行動させ、良いところを認めて、人格を称賛してあげること。

そして、4つめは汗と涙を流し、体当たりで指導し、熱いものを感じさせること。これが一番大切です。

これらのことを考えながら、これから育っていく子ども達にも本当に好きなことに出会って、意欲と目的を持った人生を送って欲しいと願い、日々指導をしています。
これからも、ずっと「くま先生」は子どもたちと一緒に学んでいきます。

くま教育センター代表
熊本 季治

熊本代表のプロフィール

熊本 季治(くまもと すえはる)
水野茂一先生の教育理論を継承し、受験のマイナスイメージをプラスへと転換する独自の教育を展開。21世紀を担う子ども達の指導に全力を注ぎ、「くま先生」の愛称で保護者からの信頼も厚い。
 
1947年 京都市生まれ。
1969年 幼児の持つ無限の可能性に魅せられ、京都幼児教室を開講。
1974年 東京こどもセンター関西教室を開講。
1992年 同校より独立。